ヤマモト塗装

三重県限定で外壁・屋根塗装の無料診断を行っています
  1. ブログTOP
三重県の外壁塗装業者ヤマモト塗装

2018/09/23 20:31 by 山本一行 カテゴリ:塗装セメント瓦の塗装

コメント(0)

榊原坂口邸屋根シーラ中.JPG榊原坂口邸屋根上塗り一回目中2.JPG榊原坂口邸屋根一回目完2.JPG榊原坂口邸プレミアムルーフ.JPG
屋根の塗装
セメント瓦への塗装ですが、大切な事はとにかく洗浄。
今回の現場は旧塗膜がほとんど無い状態から始まりましたが、セメント瓦の塗装に関して大事なのは繰り返す様ですが洗浄(笑)
出来るだけ綺麗にする事。
ブロック塀もそうですが、小さな気泡が無数にある状態なので兎に角汚れ易い。
汚れが付きやすい→カビ・苔が発生しやすい→雨も直接当たる・日光も直→劣化の原因満載。
20年も経てば旧塗膜はゼロになってしまっても当然ですよね~
そんなセメントの気泡・ピンホールを塗料で埋め、少しでも厚く、強靭な塗膜を作成して長く綺麗な状態を保たせるのが屋根塗装の一番の目的です(^^♪
まずシーラ塗装。塗膜の密着を良くさせるために塗ります。
セメント瓦の場合、少しでも塗膜を付けるような下塗りを塗るか、浸透させるような下塗りかに業者さんによって分かれます。
僕は浸透系の下塗りを採用。
なんでか?僕の個人的な考えでは汚れの除去が不十分だったり、水分が残ってたりした場合に、塗膜を作成する下塗りの場合
膨れや剥離がおきやすい。反して浸透系の場合は剥離はまあぁ考えなくても良いのではないかと・・・
でも出来栄えは塗膜が厚い方がセメントのブツブツも消えてフラット状態に近付くので、艶も出やすいし完成時は綺麗に見えるとは思います。
数年後のリスクを排除するか、完成時の出来栄えを優先させるか、難しいところではありますが、各業者さんの考えと言う事で・・・
どちらが正解?ってはないと思います(*'▽')
写真は一度塗りのモノでもう一度の塗装をします。

続きを読む

2018/09/21 11:15 by 山本一行 カテゴリ:塗装台風の被害復旧

コメント(0)

マツダケイカル板塗装.JPGマツダ二階中.JPGマツダ二階完.JPG
マツダ一階中.JPGマツダ一階完.JPGマツダ エバーロック.JPG
台風の風で壁が壊れてしまったそうで・・・
下地を張りなおしてもらい、フリーハンドで(笑)
直線ならまだしも曲線って・・( ゚Д゚)
看板屋さんが見たら笑われてしまいそうですが、施主様には褒めて戴いたのでコレでヨシとします。

続きを読む

2018/09/20 22:26 by 山本一行 カテゴリ:塗装津市久居 外壁塗装

コメント(0)

榊原坂口邸外壁完成2.JPG榊原坂口邸外壁完成1.JPG榊原坂口邸ユメロック.JPG
津市久居の塗装現場。
昨日、外壁の塗装がとりあえずおわりました(^_-)-☆
二液性のシリコン塗料(ロックペイント・ユメロック)で仕上げてあります
色は結構黒目を選択していただき、落ち着いたシックな感じに仕上がってると思いますよ~(*'▽')
残すは屋根と付属。 天気予報でも傘マークばかりなのでとても心配ですが、何とかするしかありません・・

続きを読む

2018/09/19 22:56 by 山本一行 カテゴリ:塗装津市久居S様邸

コメント(0)

榊原坂口邸養生.JPG
高圧洗浄も終わり、養生・下塗りと進んでおります。
今回の下塗りは水性サフトサーフSGを選択。
小さなクラックやピンホールは楽に埋めてくれるし、仕上げ時の肉厚感が好きで良く僕は使用します。
三雲近藤邸ソフトサーフSG.jpg
メーカーに云わせるとこんなんらしいです。
水性ソフトサーフSGは、微弾性ポリマーをベースに官能性の高い極性高分子を導入するという新しいアロイ化技術の応用で開発された改修用塗材です。多種多様な旧塗膜と強固に密着し、さらに各種水性・溶剤形仕上塗材に対しても優れた付着性を発揮します。この他、「フィラー機能」「シーラー機能」「中塗り機能」を兼ね備えており、多目的型の理想的な一液サーフェーサーとして大幅な工期短縮に、また、改装工法の簡略化に大きく貢献します。

難しい・・・僕でもわからん(笑)

続きを読む

2018/09/17 22:06 by 山本一行 カテゴリ:塗装津市久居足場設置

コメント(0)

榊原坂口邸足場設置1.JPG榊原坂口邸足場設置2.JPG
津市久居で足場設置。
外壁はサイディング、リシン吹き(石が入ってるよく和風の家なんかに塗ってある塗料)
屋根はセメント瓦
裏の波ポリカも一緒に交換させていただきます。

続きを読む

2018/08/15 23:30 by 山本一行 カテゴリ:塗装テナントビル 階段廻

コメント(0)

オガワビル階段ブィフォー.JPGオガワビル階段完成1.JPGオガワビル階段完成2.JPG
テナントビルなのでお盆休みしか、全てのテナントがお休みになる時が無いので・・・
階段と廊下の壁と天井を1F~3Fまで塗装させていただきました。
風が全く通らないので、湿気がすごて( 一一)ついでに階段の登り降りで、ふくらはぎパンパンですよ(笑)
入居者様に喜んでいただければ幸いです(^^♪

続きを読む

2018/08/14 23:47 by 山本一行 カテゴリ:塗装屋上完成

コメント(0)

hpトップpa.JPGオガワビル屋上完成1.JPGオガワビル屋上完成2.JPG
ビルの屋上のトップコート完成しました。
ウレタン防水の上に保護の為にトップだけ再塗装・・
前回どんな塗料が塗ってあったのか判らないので、安全の為に水性のトップコートを選択。
屋上までの上り下りと直射日光に耐えるのが仕事の中心(笑)
天国に一番近い現場だったかも知れませんね~
でも満足な仕上がりになりました(^^♪

続きを読む

2018/08/10 22:02 by 山本一行 カテゴリ:塗装防水層の補修

コメント(0)

オガワビルアンテナ台ゴム1.JPGオガワビルアンテナ台ゴム2.JPG祥雲寺ソフランシールエコ.jpg
高圧洗浄で見つかった補修箇所に防水層を補充。
チョット、カッコ悪いですが、絶対に雨が溜まらない様に盛り気味で納めます。
室外機の下も前回施工しにくかったのでしょうか、防水層が薄くなってきている様でしたので土台の少し上まで塗り込みます。
オガワビル室外機下防水.JPG一日乾かせてトップコートで完成

続きを読む

2018/08/09 00:09 by 山本一行 カテゴリ:塗装屋上、トップコート

コメント(0)

オガワビルゴムの台.JPGオガワビルゴムの台下処理.JPGカチオンスターC1.JPG
昨日に引き続き、松阪市の屋上。
トップだけの予定でしたが、高圧洗浄で汚れが取れたら、いろいろと不具合が見つかってきます・・
CSのパラボラアンテナの足の下に敷いてあったゴムが劣化。
前回の防水工事の際に全て塗り込んでくれていたら問題なかったのに、熱と紫外線でゴムが劣化。TVのアンテナの下も一緒の状況。
モルタル樹脂系下塗り材で羊羹みたいにコーティング(*'▽')。その上から防水層を流して盛り上げ、雨が降っても水が溜まらない様にする作戦にでます。
チョット見た目を度外し・・(笑)
それと気になるのがローラーマーク
オガワビルローラーマーク.JPG
上の写真の薄い色が既存のトップコート。濃い箇所がトップが無くなってしまって防水層が見えてる部分。
どぉしてもローラーの継手部分は二回ローラーを転がすから多く塗料が乗るから二度塗り・三度塗りの状態になってしまうから
真ん中が先に剥げてしまう・・
昔の塗料を使った外壁にもよく見られる状態ですよね~
この状態で塗っても同じ様に均一に仕上がるか??
たぶん見た目も解ってしまうやろうね・・・
さて、ドォしましょ(+_+)


続きを読む

2018/08/07 23:56 by 山本一行 カテゴリ:塗装屋上塗装(*'▽')

コメント(0)

オガワビル ビィフォー.JPGオガワビル高圧洗浄.JPG
この夏場に屋上の塗装。
7年前のウレタン防水にトップコートの再塗装(*'▽')
約150㎡。今日はとりあえずの高圧洗浄。
誰も上がらない屋上でも7年も経つと汚れるし、紫外線や雨風で劣化するものなんですね~
トップコートも剥がれてる箇所も薄くなってる所もあるし。
ウレタン防水塗装にとってメインはウレタン防水層。
防水層のうえに塗るのがトップコート。
トップコートがしっかり塗れてると防水層を保護してくれるので、結果的に長持ちしてくれるんです。

続きを読む

カレンダー

月別リスト

タグクラウド

RSSフィードを購読

ブログランキング

にほんブログ村 住まいブログ 塗装・ペンキへ

最近投稿された写真

  • 防水層
  • 久居O様邸
  • 職人さんたち
  • 津市M様邸
  • 刷毛
  • リボス
  • 津市M様邸工事開始
  • ネジザウルスGT
  • 木部外壁塗装オスモカラー
  • 木部洗いのアフター

パソコン表示 | スマートフォン表示